Contents Shortcut

社会的責任

for society

ロッテ百貨店は、社会的責任を遵守しながら多様な利害関係者の方々との
共生を実現し、国家と社会発展に率先して貢献できる企業になります。

出産奨励

出産奨励社会貢献(2009.09 ~)

ロッテ百貨店は出産奨励という国家的な課題に共感し、協力の一環として積極的に 出産奨励キャンペーンを展開しています。
子どもを産みやすい社会をつくるために、ロッテ百貨店はお客様と社員が一緒に参加 するキャンペーンを行なっています。

5大共同事業

  • 出産配慮制度を強化
  • 家族配慮型企 業文化を造成
  • 妊産婦および女性を配慮した施設を拡大
  • 出産支援基金の造成 社会貢献を実践
  • 出産配慮型の社会環境を造成
Family-planning encouragement bus ‘A room for loving mothers’ photo

出産奨励バス「ママの好きな部屋」(2011.05~)

「ママの好きな部屋」は、首都圏の主要オフィス地域を回り、妊娠・出産関連のサービ スを提供しています。産婦人科専門医の簡単なケア、胎教に役立つ様々なコンテン ツはもちろん、妊産婦のためのオーガニック間食や簡単な足マッサージまで行なっ ており、仕事-家庭の両立で胎教や情報を得ることが難しい働くお母さんに、 実質的な援助を行なっています。

国民勲章および大統領表彰状受賞 (2011.09~)

ロッテ百貨店は全国民を対象とした出産奨励キャンペーンを展開し、仕事と家庭が 両立できる企業文化づくりに率先して取り組んだ功労が認められ、2011年9月に国民 勲章の冬柏章を受勲し、その前年の2010年には大統領表彰を受賞しました。

Overnight camp with dadse (December 2010)

お父さんと一緒の1泊2日 キャンプ(2010.6~7)

お父さんの育児参加を広めて、働くお母 さんの仕事-家庭の両立に貢献

The Seoul Arts Center Kid’s Lounge (December 2010)

芸術の殿堂でのキッズラウンジ(2010.12~)

お子様連れの公演観覧客の方が、 安心して子どもを預けることができるよう、 芸術の殿堂内にキッズプレイ

Dadoongi family invitation event (December 2010)

子だくさん家族招待イベント(2010.12~)

子ども数3人以上からなる全国の家族 600名を招待して、様々な家族参加型プ ログラムを進行

家族配慮経営

ロッテ百貨店保育園オープン

ロッテ百貨店は家族配慮経営実践の一環として、韓国の流通業界で初めて職場に保育施設を設置し、社員の養育を支援してい ます。また女性社員の勤労条件を改善して、少子化問題の解決に積極的に協力しています。 ロッテ百貨店の保育園は環境にや さしい素材で建てられ、百貨店の勤務時間を反映して延長運営、休日運営、夕食無料提供などカスタマイズ型の保育システム で運営されています。

  • Opening of the Lotte Department Store Day Care Center
  • Family-friendly Company’ certification

家族配慮企業認証

ロッテ百貨店は2009年に保健福祉部が主管する「家族配慮 企業」認証を流通業界で初めて獲得しました。 家族配慮企業認証とは、社員が仕事と家庭の両立ができる よう、家族配慮経営に率先して取り組み、関連制度を模範的 に運営する企業を対象に、書類および現場審査を経て認証 が授与される制度です。 ロッテ百貨店は今後も勤務時間に 配慮して、家族とより多くの時間を過ごすことのできる健全な 業務環境を構築してまいります。

Operating diverse family-friendly programs

様々な家族配慮プログラムを運営

ロッテ百貨店は、社員らが仕事と家庭のバランスの取れた生 活を送れるよう、様々な家族配慮型プログラムを施行してい ます。2007年から社員参加の野球競技団体観覧イベントを行 なっており、協力会社の社員らと共に参加するイベントへと拡 大して運営しています。 また社員の家族や子どもたちのため の家族招待イベントも、社員福祉の一環として活発に行なわ れています。 子どもたちの冬休みが始まる期間に合わせて、 体験学習プログラムである社員の子どもスキーキャンプを運 営し、社員の家族から好評を得ています。

グローバル社会貢献

Vietnam The Lotte School

ベトナム–ロッテスクールオープン

ロッテ百貨店は2010年2月から1年間の工事期間を経て、 ベトナムのハノイ近辺にあるバクジャン州に「第2ロッテスクー ル」をオープンしました。 2階建ての建物を新築して、3つだけ だった教室を8つに増やし、運動場を整備して柵を設け、 様々な施設や機資材を支援することで、子どもたちがより快 適かつ安全な空間で、思う存分勉強できる環境を整えました。 このプロジェクトは、2009年9月にベトナム中部のQuang Nga 地域で運営している第1ロッテスクールソンキー中学校」に続 く二番目のグローバル教育支援活動で、今後、ロッテ百貨店 は第3、第4のロッテスクールを建設する予定です。

Ethiopia The Lotte Dream Center

エチオピア–ロッテドリームセンター

ロッテ百貨店は2010年6月、朝鮮戦争60周年行事として朝鮮 戦争参戦国であるエチオピアの児童教育施設「ロッテドリーム センター」を着工しました。 教育館と生活館、寮の3つの建物で構成されるロッテドリー ムセンターは、児童教育場ばかりでなく、放課後は地域住民 のための教育や医療支援用としても使用される予定です。
エチオピア–ロッテドリームセンター imageロッテドリームセンターは、2011年8月に完成し、エチオピ ア学制により2011年9月から正 式に新学期を開設しました。

East Timor Clock donations

東ティモール-時計後援

ロッテ百貨店は東ティモール のほとんどの家庭に時計が ないため、学生らの遅刻率と 欠席率が高く、良質の教育を 受けることが難しい現実を反映 して、「中古時計集めキャンペ
東ティモール-時計後援 image
ーン」を展開しました。ロッテ百貨店全店の案内デスクや謝恩 行事会場で実施された「中古時計集めキャンペーン」では、 計3万個余りの時計が集まり、外部から寄贈された衣類、 社員用パソコン100台を東ティモールに贈りました。

South Africa The Hope expedition

南アフリカ共和国–希望遠征隊

2010年に南アフリカ共和国ワールドカップ期間中、ロッテ百貨 店は南アフリカ共和国のボランティア遠征隊を構成して、 サッカー場の建設を後援する行事を行いました。 南アフリカ 共和国のPorchefstroomにサッカー場を2つ建設し、希望遠征 隊が直接仕上げ作業を手伝いました。 また、開かれた医師 会と共に医療品支援、ボランティア活動などを行ないました。

中国-造林事業を実施

2011年3月、ロッテ百貨店は天津市南开区で「グリーンチャイナプロジェクト」キャンペーンの一環として造林事業を実施しました。 今回の造林事業は、黄砂と公害でかすんだ天津市の空が澄んだ青い空になるよう、天津市住民、NGO団体と一緒に現地の植生 を考慮して進められ、地域社会に貢献して奉仕するロッテ百貨店のイメージも向上しました。 ロッテマートは2011年、中国の北京地域での児童養護施設支援事業を皮切りに、中国内で社会貢献活動に力を注いでいます。 その後、このような児童養護施設支援事業は、隔月訪問に定例化され、全支店へと拡大施行される予定です。

地域社会貢献

  • Volunteer clubs at each branch 1
  • Volunteer clubs at each branch 2
  • Volunteer clubs at each branch 3

店別社会貢献

ロッテ百貨店全店には社員らが自主的にボランティア活動を 行なう同好会が運営されています。 2010年現在、36のボラン ティア同好会に約4900名が地域社会の恵まれない人々を訪 問してボランティア活動を行なっています。 また、全店で清渓 川、アチャ山、海雲台など地域内の山や川を守り浄化する 1店1山川活動を続けており、地域社会の恵まれない人々に 手を差しのべ、社会に助け合いの輪を広げるために努力し ています。

Coal briquette-sharing volunteer

練炭支援ボランティア活動

ロッテ百貨店の各店では、毎年冬になると全ての人々が暖か く冬を過ごせるように、地域内の低所得世帯に愛の練炭支援 行事を行っています。今後も、ロッテ百貨店は地域社会と共 に生きるために、愛の練炭支援行事をはじめとする助け合い 運動を続けていく計画です。

  • Residential environment improvement volunteer 1
  • Residential environment improvement volunteer 2

住居環境改善ボランティア活動

ロッテ百貨店はマッチング・グラントで造成された社会ボランテ ィア基金を活用して、一人暮らしのお年寄り、保護者のいない 子どもたちだけの家庭、障害者など、恵まれない人々への住 居環境改善に参加しています。
住居環境改善ボランティア活動 image 1住居環境改善ボランティア活動 image 2
支援費用として5千5百万ウォン使用され、計21店から200名 以上の社員が住居環境改善に参加して、恵まれない人々に 愛の分かち合いを実践しました。 また、ロッテ百貨店は社員参加を督励するために、参加社員 に対しては社内履修単位を付与しています。

Picnic program for atopic children

アトピー治療支援

ロッテ百貨店は環境性疾患であるアトピーで苦しむ12歳以下 の低所得層の子どもを対象に、診療費と薬代を支援するアト ピー治療支援プログラムを運営しています。 またアトピーの ためにストレスを受けて出かけることが難しいアトピー患者の ために、アトピーに効能のある森林浴や生態教育が一つにな ったピクニックプログラムを行い、子どもたちが健康で明るい 生活を送れるように援助しています。

ヒューマンネッドフーク·メンタリング活動

ロッテ百貨店は2010年5月から、保健福祉部で主管するヒュ ーマンネットワーク事業に積極的に取り組んでいます。 ヒューマンネットワーク事業とは、制度的な福祉政策では行き 届かない心情的な部分に対するサポートによって、恵まれな い人々が夢を育て成長できるようにするための保健福祉部の 主要推進事業です。 2010年5月「ヒューマンネットワーク協議 会」でメンター-メンティ連携式を行なった後、現在は全社員の 自主的な参加によって、低所得世帯の子どもたちを対象にし た活発なメンタリングプログラムが運営されています。